これからの株のやり方

株を始める前に、株に対する最低限の知識を持ち、同時に損やリスクを減らすやり方を知っておくことが大切です。

株を取引している人とは?

一昔前までは、株の投資と聞くと、裕福な人達が、働かないで資金を増やしていく為のものというイメージがありましたが、最近では、会社員、学生、そして主婦までと、より幅広い年代、そして職業の人達が株の投資をしているようです。

株の投資は、年齢制限も、職業や資格に対する制限もないので、やり方さえ知っていれば、誰でも始めることができるというのが、一番のメリットでしょう。

株の取引を行っている人は、投資家と呼ばれ、個人投資家と機関投資家の2つの種類にわかれます。

上記に挙げられた会社員、学生、主婦などは、個人投資家に含まれ、1000万円以下の資産を運用している人がほとんどで、全体の90%以上にまでのぼります。

もう1つの機関投資家は、株の投資をビジネスにしている団体や会社のことで、代表的な機関投資家には、証券会社、銀行、保険会社、そして投資会社等が挙げられます。

資金量が豊富ですから、場合によっては数十億円単位の金額を1回の取引で動かすなどと、株価に大きな影響を与えることも珍しくありません。

また、株の取引を行っているのは、日本人投資家だけではなく外国人投資も多く、実際には、60%以上の日本国内の株式は、外国人投資家が所有しているそうです。

日本の株価が海外の景気の動向に左右されてしまうのは、このことからなのです。

国内の株式であっても、日本国内だけではなく、世界の経済の動きにも目を向けて投資のやり方を決めていくことが重要となります。


Categorised as: 色々な投資家

Comments are disabled on this post


Comments are closed.