これからの株のやり方

株を始める前に、株に対する最低限の知識を持ち、同時に損やリスクを減らすやり方を知っておくことが大切です。

株の取引時間を把握しておく

株のやり方と同時に重要なのが、どの時間帯に取引を行うのかという点です。

株の取引は、平日月曜日から金曜日までで、土・日、祝日、そして年末年始は休みです。

取引時間には、前場と後場があり、前場は、午前9時から11時30分まで、後場は、午後12時30分から15時までとなっています。

午前11時30分から午後12時30分までは、昼休みです。

一日の一番最初の取引である前場が始める午前9時は、寄付と呼ばれ、前場が終わる11時は引けと呼ばれています。

そして、後場が始まる午後12時30分は後場寄付、一日の一番最後の取引である後場が終わる15時は大引けと呼ばれています。

株式投資は初心者であるという人が避けたほうがいい時間帯は、寄付直後と休日明けです。

前日中にあった注文を決算する時間帯である寄付直後は、株式市場が最も活発になる時間帯で、株価が激しく上下しやすい傾向があり、土・日・祝日等の休日明けも、休場後、株価が大きく変動しやすいことから、株のやり方を熟知していない初心者には進められない時間帯なのです。

株の取引を実際にすることが可能な時間は、上記に挙げられたとおりなのですが、ネット証券を利用すれば、この時間帯以外でも株を売買する注文自体は可能です。

例を挙げると、取引時間外である18時に買い注文を出した場合、その買い注文は、次の日の前場の寄付である9時に回され、その時点で売り注文があれば、取引が成立することになります。

平日の通常取引時間帯は、仕事で忙しく時間がとれず、取引が難しい人にとって、このような株の取引きのやり方は、非常に便利でしょう。


Categorised as: 株のやり方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.